おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
仕事・夢の棚

なぜ、はたらくのか/一度自分に問い直すのもいいな。

こんにちは、おみまい堂書店です。
今日は、この本を持っていきますね。


関東大震災、第二次世界大戦の戦中、戦後・・・怒涛の時代の中に生き、働き続けてきた、「バーバーホマレ」の女性美容師、加藤寿賀さんの本です。

「なぜ、はたらくのか・・・」
「なぜ、はたらかなければいけないのか・・・」


誰もが一度はぶつかる壁だと思います。

時代により、また、その人によって、″はたらく” という定義も意味も違いますが、戦中、戦後、そして平成の時代に働き続けた加藤さんの、その生涯から得たことばたちから、きっと何かヒントが見つかると思います。

話はかわりますが、もう30年以上前、元クレージーキャッツのハナ肇さんの講演会で、

「仕事の半分は自分のため、半分は社会のために…」

という話を聞いたことがあります。

仕事・・・。
日々、忙しく追われますが、ちょっとひと休みして、自分はなんのためにしてるのかなと、考えてみるのもいいと思いますよ。

 おみまい堂書店