おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
お金・経済のこと

日本経済史の読み方/終戦からの日本復活のひみつ!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、こんな本を持っていきますね。



来月1日から、消費税がとうとう10%に!!
年金は将来くれるかどうかわからないし、働き方改革はいいけど、給料は上がらないし・・・。

暮らしや人生に直接関係あるのに、あんまり知らない、わからないケーザイ。

今日は、その経済を、日本の戦後の歴史から学べる本です。

終戦の日本がボロボロになった時代から、高度経済成長、バブル時代・・・その崩壊後。
そして3.11の東日本大震災・・・。
その中で、経済はどうなっていたのか、どんなことがあったのか・・・。

来年は、2回目の東京オリンピックもあることだし、経済から見た日本の歴史を振り返るのも、おもしろいと思います。

おみまい堂店長は、昭和45年生まれなので、高度経済成長期の生まれ。
それから自分の生きてきた時代に、こんなことがあったのかって、その時代の自分と重ねながら読みました。

日本の終戦から復活までの時代。日本中の誰もが、ががむしゃらに働いていた時代。

おみまい堂店長は、毎日、朝から晩は遅くまで働いて、週に一度の休みは、疲れてずっと寝ていた父親のことを思い出しました。

あの頃は、今と違って、休みは日曜日だけの週休1日だったから、しんどかっただろうなって、ふと思いました。

                   
 おみまい堂書店