おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
健康の棚

バリアバリュー 障害を価値に変える/そんな自分だからこそ!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



(株)ミライロ代表取締役社長である、垣内俊哉さんの本です。

2万人に1人の発症といわれる「骨形成不全症」という病気を背負いながら生きてきた垣内さん。

ご本人は「骨が弱くて折れやすい」という魔法をかけられて生まれてきたと言われています。
そんな魔法をかけられた自分だからこそ、見える部分や、わかる部分を仕事にし、それを個性に、現在はユニバーサルデザインのコンサルティングに奔走されています。

以前、テレビで観たことがあるのですが、明るくて、笑顔が素敵な方でした。

そんな垣内さんが掲げられている、「バリアバリュー」という言葉。
言い換えれば「短所を長所に変えよう!」ということなのだそうです。

自分の短所と思っている部分を逆に、長所に・・・。
大なり小なり持っている、コンプレックスや、あと、自分はどうせこんなだし・・・とかいうあきらめの部分。

でも、そんな自分だからこそ、わかることが、
自分では “負” と思っている部分ことこそが、自分が持つ可能性の部分なのかもしれません。

コンプレックスや障害、自分の中のよくないと思っているところ・・・
でも、その中に、きっと自分だけが持っている、いいところがたくさんあると思います。

バリアバリュー・・・。
自分の弱さや欠点と思っている″バリア”を外すという意味も込められていると思います。

自分の  (バリアバリュー) を探してみませんか。

              
  おみまい堂書店

垣内俊哉さんの 会社 (株)ミライロ