おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
健康の棚

親ケア奮闘記/2つの家の絆の物語

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


ある夏の日、実家に電話をかけると泣け叫ぶ母親の声・・・。
その数か月後、実家に帰ると、そこには荒れ果てた実家と、疲れ果てた両親の姿が・・・。

三重~大阪間の遠距離介護の本です。

親元を離れ、そこで就職、結婚と、新しい家庭を築き、暮らしをつくっている子供。
そこに、老いた親が暮らせなくなったと言ってきたら・・・。

元々の家族と、自分が作った家族との間で、今の生活があり仕事があり、まだ子育ても真っ最中なのに・・・。そんな葛藤の間で奮闘していく介護物語です。

核家族があたりまえの今、誰でもが直面するかもしれないことです。

遠距離介護というカタチ。
たくさんのヒントと、介護に関わる人たちの気持ちがわかる本です。

介護という人生の転機。
でも、家族にまた新しい絆が芽生える機会でもあるんだと、心があたたかくなれる1冊ですよ。

          
  おみまい堂書店