おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

シンプルに暮らす~食べるを見直すということ~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


日本滞在歴30年のフランス人、ドミニック・ローホーさんの本です。
日本の仏教系の大学でフランス語を教えながら、禅、墨絵を学んだドミニック・ロー
ホーさん が、暮らしの基本である食べることを中心に、ライフスタイルの提案をして
くれます。

本の冒頭には、
「 満足という言葉を忘れ、常に胃に流し込まずにはいられないマシンになってはいま
せんか 」というど言葉が。

『食』って身体の基本で、精神状況にも大きく影響を与えること。医食同源というこ
とばがあるように、病気の元も食生活が原因なのが大きいですが、

それがなかなか、この飽食の日本では難しいことで、しかも、それに慣れすぎて、マ
シンになってしまっていることすらわからず、麻痺してしまっています。

おみまい堂店長も、その一人なのですが・・・。

この本、 食の整え方として、料理のレシピや作法、キッチンや器のことなど、 消費す
る食から味わう食に変える方法を教えてくれます。

思えば、一昔前までは、ごちそうと言われて、特別な日しか食べなかったものを、今は、
知らず知らずに常に、しかもお腹いっぱい食べるようになってますよね。

たとえば、四季のものを、気に入った食器で、少しずつ、味わいながら食べること。
でも、それこそが贅沢な豊かな生活っていえるのかもしれません。

食について、今、ちょっと見直してみるのもいいと思って。

ドミニック・ローホーさん・・・、
「まずは胃をの大きさを戻す」ことが大切だと言っていますよ。

--------------
2011年4月 中経出版刊
--------------

                    
 おみまい堂書店