おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

寅さんからの応援歌 ~寅さんの向こうに/寅さんの人生語録/人生に、寅さんを。~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この3冊をもっていきますよ。

『男はつらいよ50 おかえり寅さん』が、今月27日から公開されます。

男はつらいよシリーズとしては50作品目。22年ぶりの新作で、渥美さんがなくなってからでは23年を経ての作品になります。

今回は、寅さんがいなくなった後、寅さんと関わってきた人々が再会し、寅さんといた日々を回想しながら、寅さんが残してくれたものを思い出し、そして、これからを生きていく・・・という物語で、これまでの寅さん作品から映像を再編集し、織り交ぜながら進んでいくみたいです。

寅さんがいた頃の、あの元気で愉快な姿が、またスクリーンに・・・楽しみです。


今、なぜ寅さんなのか・・・、でも、今だから寅さんなのだと思います。

寅さんがいなくなってから、時代は移り、なんとなく人々の暮らしも、考えも、人と人との関わり方も随分と変わってしまったような気がします。

寅さんがいた時代からすれば、ネットの普及もあって、人と人の関わりも、どこか殺伐とした、ぬくもりがないような、ふとそんなことを気がする “今” という時代。
そんな今だから、もし寅さんがいたなら、この今の時代に、どんなことを言うんだろうって、いろんなことを想像してしまいます。

今回の50作品目の寅さん。また、あの人情味や、どこか懐かしい温かみ、忘れている人と人との関わりとか、ふと、今という時代と比べながら、今を考えられるんだろうなって思います。

さて、この2冊も、寅さんと寅さんに関わる人たちの思い出や、ことばがいっぱい入ってます。
どこかほっこり、そして元気がもらえる3冊ですよ。

---------------

寅さんの向こうに
渥美さんの当時の写真や、寅さんのロケ風景、また寅さんにまつわる俳優さんの思い出インタビューなどが入っていて、寅さんを偲べる一冊です。
2016年8月 朝日新聞出版刊
---------------


寅さんの人生語録
劇中で行き交う、寅さんのセリフ集。ほっこりできたり、笑えたり・・・、寅さんに励まされるような一冊です。
1989年4月 PHP刊
---------------

人生に、寅さんを。
ページを開くと、寅さんの写真とセリフが。寅さんの表情がすごくいいです。
2011年11月 キネマ旬報刊
--------------

男はつらいよ公式サイト 


              おみまい堂書店