おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

カレセン~かっこいい歳の重ね方~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本を持っていきますね。


年を一つ越えて、「あぁ、また一つ歳とったな・・・」なんて思う人も少なくなと思いますが、歳をとるって、やはり嬉しいものではありませんね。

一つずつ歳をとるの仕方ないとしても、でも、どうせなら、カッコよく歳をとっていきたいものです。

で、今日は、『カレセン 枯れたおじさん専科』という一冊です。

テレビを観ていても、若い時よりもカッコよくなった芸人さんや俳優さんもたくさんいますよね。

かっこいいおじさんと、そうでないおじさんの違いって何でしょう。

ファッション?
生まれつき??

おみまい堂店長は、生き方とか信念とか、夢を持っているかとかじゃないかなって思います。
肉体的な衰えというのは、自然の流れなので抗えないですが、内面の年齢は関係ないですから。

俳優、蟹江敬三さんをはじめ、
お茶の水女子大学教授 土屋賢二さん
落語家 柳家喜多八さん
漫画家 しりあがり寿さん
マンガ・コラムニスト 夏目房之介さん
ジャーナリスト 有田芳生さん
たちのインタビューや、カレセン系の映画や小説、音楽、食べ物なんかも載っています。

枯れていくという言葉は少し哀しい表現ですが、歳を重ねる中で輝いていけるということ、魅力が増せるということと、

歳をとるって、捉え方では嬉しいことにもなるってことかもしれません。

---------------
2008年1月 アスペクト刊
---------------
                  
  おみまい堂書店