おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
くらし、くらし方の棚

ふりかけ 日本の食と思想/魔法の副食の話。

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本を持っていきますね。


ごはんの友 “ふりかけ”
おこめ文化とともに歩んできた “ふりかけ”

その、ふりかけは、どこで生まれて、どんな道を経て、今ここにあるんだろう・・・。
ふりかけのルーツから、歴史や文化までが書かれた一冊です。

例えば、
ご飯だけで、おかずがない時、病院などで、味がないお粥に、ふりかけるだけで、すごくおいしいご馳走に早変わり!

おみまい堂店長が働く老人ホームでも、食欲がなく、なかなか食べてくれない人に、ふりかけをかけるだけで、あら急に食欲増進!
全部、食べてくれたりします。

ふりかけって、一番手軽な副食なのかもしれません。
そんなふりかけのこと、深く知れば、もっとおいしく食べられると思いますよ。

-------------
2001年4月 学陽書房刊
-------------

  
  おみまい堂書店




《PR》
うまい!もう一杯!「からだにやさしい佃煮 しいたけ昆布」