おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

地方に「かえ~る人」/故郷が面白くなってる!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、こんな本を持っていきますね。



「かえーる人」とは、

「帰る」都市から地方へ。
「変える」新たな仕事を生み出す。
「還る」それらが継続して繰り返される。

という意味があるそうです。

この本は岡山の県北エリアという、いわゆる田舎で新しい場所や仕事をつくり、頑張っている人たちのインタビュー集です。

木工工房、パン工房、カフェ、サロン、レストラン、お茶栽培、私設図書館・・・。
一度、故郷を出た人たちが、生まれ育った故郷へ戻り、盛り上げています。

田舎だからできること、生まれ育った故郷だからしたいこと・・・そんな人たちの熱い思いが入っている一冊です。

Iターン、Uターン、Jターンと、人生の途中でターンするという選択肢がありますが、最近、故郷に帰っていない人、もしかしたら、自分の故郷もすごいことになっているかもしれませんよ。

なお、この 地方に「かえ~る人」。現在は、三巻目まで出ています。旅行の際の参考にもいいかなと思って。

--------------
2015年7月 吉備人出版刊
岡山県北(けんほく)ではたらく。くらす。いーなかえーる。
--------------

           
 おみまい堂書店