おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
健康の棚

医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣/自分のために、大切なひとのために!

こんにちは、おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


激務のため自分を追い込み、そして7年間、自らが「うつ」に苦しみ、そして自分の手で、それを克服した医師、宮島賢也さんの体験談と、そして見つけた薬を使わない治療方法を紹介してくれる本です。

うつ・・・
心の病・・・。

おみまい堂店長も、これまで生きてきた中で、足がガクガクと、立っていられないほどのショックなことや、どうしょうもないほど落ち込んだこともありますが、心の闇に囚われた時って、本当に苦しいものです。

「うつ」って、それがずっと、自分の力ではもう、這い上がれない状態になってしまうんですよね。

「うつ」って、外からの力と、自分の内側からの折り合いがアンバランスになって起こること・・・。
もちろん薬という助けも使えばいいけど、最終的には、やっぱり薬じゃなくて、環境を整えたり、気持ちの持ちようを変えるしかないのかもしれません。

「うつ」になってしまった人と、大切な人が「うつ」になってしまった人にも、役立つ一冊かもですよ。

おみまい堂店長の周りにも数人、この「うつ」になった知人がいますが、今はみんな幸せに暮らしています。
あの時、苦しんだ分、今を幸せを大切にしながら。

「うつ」の本ですが、心の持ちようや変え方のヒントになる一冊だと思いますよ。
誰だって、生きている中に、気持ちの浮き沈みはあるものですから。

------------
2012年9月 中経出版刊
------------

 おみまい堂書店