おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

遺品整理屋は見た!~『死』から『生』を学ぶ~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


「自分の人生の最後って、いったいどんな終わり方なんだろう。」

いつかくる自分の「死」と、これからの生き方を考えるキッカケになる一冊だと思います。

「遺品整理」専門会社・キーパーズの社長、吉田太一さんが書かれた本で、遺品整理の仕事と、現場で見てきた様々な死のケースが記されてて、
孤独死、自殺現場などの壮絶な死を迎えられたあとの現場や、その方の死後にあらわになる相続や親族の関係等、死からその人の生き方や人生を垣間見れることができます。

日頃のくらしの中で、『死』というテーマを身近に感じることや考えることなんてほとんどないし、ずっと先の遠い未来のことで、どこか他人事のような感覚さえありますが、

いつか確実に死はやってきて、そして、どんな死に方になるかは本当にわからないもの。

死から生を学ぶ・・・。
死を、少し意識して、どんな人生にするか、どんな生き方にしたいかを考えてみるのもいいかと思って・・・。

               おみまい堂書店