おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

サワダファミリーの軌跡 ~沢田マンション物語 2人で作った夢の城~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本を持っていきますね。


知る人ぞ知る、土佐の九龍城と呼ばれる、高知県の高知市内にある「沢田マンション」。

沢田嘉農さんと妻の広栄さんが「人間として生まれた以上、どれだけのことができるのか試してみたい。」と、誰の助けも借りずに、2人だけの力で建てたマンションで、

作り始めた1971年から30年以上経った今でも、なお増改築が続いているというマンションです。(今もなお完成形がなく増築が続いているなんて、まるでサグラダファミリアみたいです。)


沢田マンション詳細

そんな沢田マンションのユニークなシステムや、沢田夫妻のマンションを歩んできた半生の物語です。

人生をかけてつくり続けるマンション。
そして、それをつくることで生まれるドラマの数々・・・。

沢田さんの生き方や偉業に感動できる一冊です。

階や並びは関係なく、部屋番号は入居順だったり、
礼金、更新料なしで、家賃は入居時のままなので10年以上1万3000円で住んでいる人もいたり、改装おおいにけっこうということで、沢田さんの機械室まで使わせてもらえたり、

囲炉裏付きウィークリーマンションや、マンション中に花壇、屋上農園があったりと、破天荒というかパラダイスのようで、読み進めているうちに、どんどん惹かれていくマンションです。

世の中には趣味や思いが高じてマイ博物館や、時には珍スポットと呼ばれる場所を作る人がいますが、それもひとつの幸せで、その人の生きた軌跡になるんだろうなって思います。

沢田さんが、どれだけできるかを試したいとつくり続けている「沢田マンション」。
その生き方と、そこをつくったことで始まるドラマ・・・。

自分は生きてるうちに何ができるんだろう・・・って、ふとそんなことを考えれる一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2009年9月 講談社α文庫刊
ーーーーーーーーーーーーーーーー

      おみまい堂書店