おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

脳から血~でるほど考えろ!!~車いすオヤジの100の”喝”! 

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本持っていきますね。

進行性筋ジストロフィーを抱え、首から全く動かないという(株)ハンディネットワーク インターナショナルの車いす社長、春山満さん。

その春山社長が、息子の春山哲郎さんに届けた仕事や生き方の100のメッセージ。そして、それを受け取った哲郎さんの自分なりの答えが書かれています。

失くしたものを数えるな、残っている機能を120%活性化すれば絶対生き残れる。
無いものねだりをせず、今おかれた状況をどう活かすか!
無いものねだりをする人はどんな状況におかれても無いものねだりをする。
結局、言い訳だけを並べ自分の責任にはせず、他人や物事の責任にする。

春山社長の厳しさや激しさ、オヤジの‟喝”のような文章が多いですが、これまで社長が自分を追い込み、その経験の中から生まれたコトバなんだろうなと想像できて、

自分の甘さを素直に受け入れられ、自分に立ち向かっていける気持ちをもらえる1冊です。

筋ジストロフィーという難病を言い訳にせず、むしろそれにバネにし、強く生きる社長の言葉たち・・・親父からのひとことのように、力強い、重いパンチのように効きますよ。


関連記事 こちらもどうぞ。

バリアバリュー 障害を価値に変える
アスペルガーですが、母で妻で社長です
僕は明るい障害者

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年7月 週刊住宅新聞社刊
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    おみまい堂書店