おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

きっと、よくなる!~最悪の先にあるもの~

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。

長い人生の中には・・・「最悪!」って思ってしまうことが、ひとつやふたつはあります!!

仕事、お金、男女関係、社会・・・。
リストラ、倒産、離婚、病気など。

アンケートによると、その90%以上の人が、「最悪だと思ったことが、長い目で見れば、今の幸せにつながっている」と答えたそうです。
人生の最悪なことほど人生を好転させるキッカケになったと。

運が悪いって思えることに遭遇した時、その時は本当に苦しくてつらいですが、「きっと、よくなるから」と、今のその不運なことも一過性の今だけの苦しみって思えたら、

この次の幸せのためのひとつのステップなんだと思えたなら、少し気持ちは楽になれるし、気持ちが切り替えられると思います。

おみまい堂店長も、これまで最悪なことにぶつかり、八方塞がりで行き詰った時も何度かありましたが、その時、「捨てる神ありゃ、拾う神ありだな」って思えることが、その先に待っていました。

悪いことの先にはいつも、なにか違う展開があり、悪いことがあったからこその、これまでとは違った出会いや気づきもありました。

最悪って思える時の考え方やエピソードがたくさん載っている一冊です。
行き詰った時、明日の光が見えてくる一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーーー--
2005年1月 サンマーク出版刊
ーーーーーーーーーーーーーーーー

      おみまい堂書店