おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
ココロ·カラダのこと

「病」になる言葉/コトバひとつで元気になれる!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


たったひとつの言葉で、病になったり、
たったひとつの言葉で、元気にもなれたり・・・。

たとえば、何気ない誰かのひとことが引き金になり、体調を壊しはじめ病になっていく人や、何気なく言ったそのひとことで、「気が楽になった」と軽快に向かう人も・・・。

「言葉は毒にもなり、薬にもなる!」

内視鏡専門医で心療内科医である、梅谷薫医師の本です。

どんな言葉が人を傷つけるのか、どんな影響があるのか、そして治るのか・・・。
心や感情が病をつくる、そして、言葉ひとつで、その心や感情が揺れ、身体に影響を与えてていくということ。

梅谷医師が、これまでに出会い、向き合ってきた患者さんの事例と、そこから推測した根拠などが書かれています。

家族や会社、友人等、誰もが、周りの人との関わりの中にいて、それに影響されながら生きていて、そこにはいい影響もあれば、そうでない影響もありますよね。

言葉と心のこと、
傷つかないようにするにはどうすればいいのか。
傷ついてしまったらどうすればいいのか。

人間関係の距離のとり方や、自分の受け止め方や、メンタルの強化法など、その解決策も紹介されていて、

普段の生活の中で飛び交う言葉、自分が発する言葉、誰かに発せられる言葉を、いつもとは違ってみえるようになる一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーー
2008年11月 講談社刊
ーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店