おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
世界・社会の棚

日本のカタチ2050/30年後の未来予想図!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



2015年・・・。
2050年を一緒に考えようという誘いで、35年後の日本に向けて一人ひとりが行動を開始する、その小さなキッカケとするためにと集まった4人。

人口減少、エネルギーシフト、地方都市、コミュニティと各分野で活動している4人の討議集で、日本の2050年の人口推移、出産率、高齢化、国内総生産(GDP)と債務、エネルギーと食糧、国家予算の予測データから、今、行うべき行動を考えさせてくれる一冊です。

今、コロナで世界中が大変なことになっていますが、このコロナが収束した後、世界はいったい、どんな風に変わっているのでしょう。

この本が出た時とは、また2050年の予測データは変わるでしょうが、阪神大震災や東日本大震災などを経て、人々の意識も行動も一つずつ変わってきたように、

きっとまた一つ、新しい気づきがあり、そして、そこから新しい未来ができていくんだろうなって思います。

今、未来が見えない時期。
踏ん張って耐える時期。
だけど、少し長期的な展望も見て、希望に変えて、問題に立ち向かう手段や計画を考えてみてもいいかなと思って。

2050年。
今からなら30年後の世界・・・いったいどんな国や世界になっているのでしょう。

ーーーーーーーーーーーー
2014年8月 晶文社刊
ーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店