おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

開店休業/とある親子の食の思い出。

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



よしもとばななさんの父であり、詩人、文芸批評家である故吉本隆明さん。
その吉本隆明さんが綴る、食の思い出のエッセィに、長女ハルノ宵子さんが、ひとつひとつ追想していくという本です。

親子が綴る食と家族の思い出・・・。
たとえば、同じ食卓で同じものを食べたとしても、感じていたことや残ることは、それぞれに違うものなんですね。

ひとつの食べものから思い出し、時には知る、父親のこと・・・。

ふと、自分の親のこと、子どものこと、家族のことを浮かべながら、重ねながら読める一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2013年4月 プレジデント社刊
ーーーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店