おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

お母さんに会いたい/後でわかる愛。

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


2004年、「2ちゃんねる」の「既婚女性板」から立ち上がった『お母さんに会いたい』という1本のスレッド。
7年前に亡くした母親に会いたい、会ってわが子を見せたいという、ある一人の主婦から始まった、この書き込みに、同じように母親を亡くした女性たちが、次々に語り始めた・・・。

「もう一度、お母さんに会いたい。会って、ごめんねと言いたい。ありがとうと伝えたい」

この本は、そんな母親を亡くした女性たちの気持ちが詰まった一冊です。

親孝行、したい時に親はなし・・・。
いつも当たり前にいる、ずっといるものだと思っている母親も、いなくなってわかるんですよね。

母親という存在。
自分の成長とともに、その存在って変わりますよね。
小さな頃は、優しくて恐ろしい存在であり、思春期にはうるさい存在になり離れ、でも結婚し、自分も親になると、また距離が縮まり、いてほしい存在になって・・・。
そして母親が老いると、その存在もまたひとつ変わっていきます。

今日の母の日。
母親にあらためて感謝できる、心を打つ一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーーー
2005年4月 あおば出版刊
ーーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店