おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
余暇のこと

淀川長治 究極の日本映画ベスト66/古きよき日本映画。

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。


まだまだ自宅で過ごす時間も続きそうですが、この間、おみまい堂店長は、これまでなかなか観れていなかった映画をバンバン観ています。

映画って、非日常の世界や物語の中に入り、時を忘れて観てしまいますよね。

ということで今日は、この本を選んでみました。

「はい、またお会いしましたねぇ」
「さよなら さよなら さよなら・・・」

等、あの特徴的な口調で「日曜洋画劇場」で映画解説をしていた、淀川長治さんが選んだ日本映画66本が紹介されています。

古き良き日本映画・・・。
おみまい堂店長は古い邦画も好きですが、そのストーリーの他に、今は亡き俳優さんたちの若い頃の姿や、その頃の日本の時代背景や風景、ファッションなんかを見るのも楽しみのひとつで、その時代を感じたり、思いを馳せたりしています。

こんな映画があるんだという発見。
そして、淀川さんの映画の解説コメント。

読んで映画を楽しめる一冊ですよ。

ーーーーーーーーーーーーー
2005年12月 河出書房新社
ーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店

《こちらも↓》