おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
仕事・夢の棚

会社が消えた日/三洋電機の元社員からのメッセージ!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



かつて10万人の社員を抱えていた大手家電メーカーの三洋電機。
そんな大企業が、ある日突然に、その名前が歴史から消滅・・・。

まるでタイタニックのような話ですが、2011年にパナソニックに買収され、10万人のうち9万人は会社へ放り出されました。

この本は、三洋電機はなぜ「消滅」していったのかと、放り出された社員のその後の「再生」を追って書かれた物語です。

今、コロナの影響で次々に経営が傾き、不安を抱えている人も多い時期・・・。
縁起でもない話ですが、もし会社がある日消えて、仕事を失ってしまったら・・・。

でも、それでも負けずに、あきらめずに懸命に、新しい場所を見つけ、新たな人生を生きる人たちが描かれています。

まさか!ということが、いつ起こるかわからなくて、先も読めない時代ですが、少し勇気と元気が出ます。

会社って、仕事って、もし会社という居場所を失った時、自分ができることって何だろうって、いろいろ考えるキッカケになる一冊ですよ。


ーーーーーーーーーーーーー
2014年5月 日経BP刊
ーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店