おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
人生や生き方の棚

絶望の隣は希望です!/やなせさんの人生より。

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



2011年の東日本大震災の年に、絶望や暗雲の中にいる日本人に向けて書かれた、やなせたかしさんの力強く、温かで優しいメッセージが入った本です。

5歳で父親が急死し、その後、母親とも別れることになったこと、
終戦後、飢えと死の恐怖と闘いながらの中国からの帰国や、弟の戦死のこと。
何十年も売れない作家時代。
そして妻の死・・・。

やなせさんの人生は、晩年まで失意と絶望の連続だったと言います。
でも、横にある希望を信じて生きてきました・・・と。

そんな中から生まれた希望のヒーロー『アンパンマン』。
アンパンマンのヒットは、やなせさんが60を超えてからだったそうです。

やなせさん作詞の『手のひらを太陽に』も『アンパンマンのマーチ』の歌が、あんなにも力をくれるのは、やなせさんの、そんな絶望の人生から生まれた希望の言葉だからなんでしょうね。

くよくよ悩むとき、
辛い気持ちのとき、

アンパ~ンチ!!をくれて、ハッと元気になれて、明るく生きなきゃと思わせてくれる、
勇気が湧いてくる一冊ですよ。


ーーーーーーーーーーーーー
2011年11月 小学館刊
ーーーーーーーーーーーーー

おみまい堂書店