おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
おみまい堂書店の開店準備日記

ねこがいる店って!?

子ねこの‟そら”を見せてほしいと、仲のいい同僚が小学生二人を連れて遊びにきました。

なんでも、子どもが前々からネコを飼いたかったけど、なかなか触れ合う機会がなかったということで、期待いっぱいに喜んでやってきました。

家に入るなり、子どもたちは大はしゃぎで、抱っこしたり、ネコのおもちゃで一緒に遊んだり・・・。

時間を忘れてがっつり ‟そら” と過ごし、帰りは、普段はほとんど無理は言わないらしいのですが、「まだ帰りたくない!」と、駄々をこねるほどねこ時間を堪能していきました。

  
親子を見送った後、後片付けをしながら、ふと、

今日、遊びに来た友達は、一戸建ての家で、ネコを飼おうと思えばいつでも飼えるけど、家によっては、飼いたいけど飼えない環境の家庭だってあるんだろうな・・・と。

そして、

今、まだぼんやりと描いている、本屋にねこという組み合わせで、
たとえば、ネコは好きだけど、家では飼えない子供たちが気軽に寄れて、猫と触れ合ったり、遊んだりできる時間を過ごせる店っていいかもって。

他にも、高齢者をはじめ老若男女、いろんな人が気軽に寄れて、癒される店も・・・。

店って、ひとつのコミュニティの場所にもなり得るし、それが店の存在意義にもなるのかなって、そんなことを思ってました。

とりあえず、今日は、子どもたちが帰りに「むちゃくちゃ楽しかった!」と、満面の笑みで喜んで帰ってくれたこと。

店を始めたら、こんな気持ちになってくれるお店にしたいなと、おみまい堂店長も、嬉しくて気分がいい一日になりました。