おみまい堂書店物語
本好き看護師がつくった本屋さんです。人生に寄りそう本を毎日届けます。
仕事・夢の棚

冒険に出よう/情熱の火が着く本!

こんにちは。おみまい堂書店です。
今日は、この本、持っていきますね。



バブル崩壊、阪神大震災、東日本大震災、リーマンショック。
そして、今回のコロナ不況・・・。
でも、どんな社会状況の中でも、あきらめずに、そこから何かを始める人がいます。

日本不況の真っ只中、30歳の時に7年間勤めた会社を辞めた、この本の著者、安藤美冬さん。

岡本太郎さんの『安全な道をとるか、危険な道をとるか。迷ったら、危険な道を選べ』という言葉に触発され、そこから、

「一度きりの人生。情熱をぶつけられる。自分だけの道を見つけたい」

という答えに行きつき、会社を飛び出した時から、人生の再スタートボタンが押されます。

自分がやるべきこと、できることを実践していく、とにかく行動することで、出会いが生まれ、人生は動き出していきます・・・。

あの時、勇気を出して動きだしていなければ、今の安藤さんはいなかったんだな、
あの時、勇気を出して動いたから、今の安藤さんがいるんだなって、

失敗したらどうしよう。
できなかったらどうしよう・・・。

そんな、できない言い訳を払拭し、とにかく動いてみたから、今の安藤さんがあるんだなって、行動するという大切さをあらためて教えてくれて、心に火を着けてくれる一冊です。

今の、このコロナ不況という時代。
こんな時代でも、できることはあるんじゃないかなって。
こんな時代だからこそ、始めるべき道もあるんじゃないかと思って、この本を選んでみました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2012年11月 ディスカヴアー刊
ーーーーーーーーーーーーーーー

  おみまい堂書店